頑張らない糖質制限ダイエット

小学生の時からお腹がポッコリと出ているのがコンプレックスでした。フロルフロラ

しかし運動はそこまで好きではなく、間食もやめられず…痩せることを諦めていました。

転機となったのは大学に通うため、一人暮らしを始めたことでした。

炊飯器でご飯をまとめ炊きして一食分に小分けして冷蔵していたのですが…そこで閃きました。

「一食分を気持ち少なめにすればいいのでは?」

そうと決まれば即行動!一食分をいつもの7~8割程度に減らして小分けしてみました。

少しだけご飯をおかわりしたいと思っても一食分を食べなければいけなくなるのでおかわりは自然と少なくなりました。

さらに空腹感を紛らわせるため、野菜多めの野菜炒めやきんぴらごぼうなど、しっかりと噛んで食べなければいけないおかずを多く食卓に並べました。

こうすることで「頑張らない糖質制限」を実現することに成功したのです。

あくまで「頑張らない」というのがキーワードです。お菓子を食べたいときには少しなら食べてもいい事にしました。その代わり、3回に1回くらいは欲望を我慢することにしました。また、息が上がらない程度の運動を続けてみました。目的地まで歩いてみる、軽い筋トレなどです。

この生活を5年ほど意識して続けていますが体重が10キロほど落ちました。コンプレックスだったポッコリお腹も今ではかなりへこんできました!悩んでいたころに自分に言ってあげたいです。