また1つ日本の新しいお祭りができました。

ハロウィンは10月31日に行なわれるイベントです。

ハロウィンは古代ケルト人の収穫と悪魔祓いをするお祭です。

これがアメリカに伝わったのですが、子どもたちが大変怖がったため、子どももしめるお祭に変化したそうです。

アメリカではかぼちゃをくり抜き、おばけかぼちゃのランタンを作ります。

この灯りを目印に精霊たちがやってくるので玄関や窓辺に灯し、悪霊たちは

怖がって逃げるといわれています。

子どもたちはゴースト、ゾンビ、ドラキュラなどに仮装し、各家を回りお菓子をもらいます。

そのお菓子によって霊を鎮める、悪霊を追い払う、などの意味があるそうで貰ったお菓子でパーティーを開くこともあります。

少し前まではハロウィン自体を知らない人が多かったのに最近、日本でもハロウィンの時期になると、仮装して町を練り歩く人が増えてきました。

その理由は、いくつかの理由がありそうです。

一つは、テーマパーク(東京ディズニーランドなど)がハロウィンのイベントを開催して多くの人がハロウィンのことを知ったこと。

二つめは子どもの英語教育で外国文化を取り入れハロウィンのことを学んだこと。

三つめはハロウィンの意味は知らなくても仮装することに抵抗感のない人が多いからではないでしょうか。

今年もハロウィンがやってきますが、何となく、子どもよりも若い人が楽しんでいるように見えるのは私だけでしょうか・・・。