人がたくさんいるところで走り回ってしまう子の対策

我が子は4才男の子、ちょっと落ち着きのないタイプです。

市の検診でもちょこっとひっかかり、発達に不安がある子のクラスに2才頃から通ったりもしました。セノッピーの効果

現在4才年中さん、発達クラスとの平行通園はせず、幼稚園一本で支障なく過ごせています。

でも、人が多いところ、疲れている時はテンションが上がって走り回っているのは、歩き始めた頃から今にいたるまでずっと変わっていません…

それは本人にとっても周りにいる人にとっても危ないこと。なので、日々試行錯誤しながら対策を取り続けています。

その1

そもそも人の多いところにいかない。

日曜日のスーパー、お祭りのようなイベント、人口密度の高い児童福祉施設等。

人の多い時間を避けたり、どうしても混雑している場所に行かざるを得ない時は隅っこの方など、人が少なくて落ち着ける場所を探します。

その2

幼稚園の先生との連携

人が多くなる参観日は息子にとっては危険な日。担任の先生と相談して、前日に

?明日はたくさん人が来ること、

?どこに注目したらいいかわからなくなったら、保護者や先生に声をかけること、

?疲れてしまったら、絵本スペース(教室の外、廊下の隅にあるのです)で落ち着いてきてもいいこと、

などを伝えることにしました。

私だけではなく、先生からも息子に伝えてくれているので助かっています。

その3

強制連行…

なるべく、息子の気持ちを優先したい、ちゃんと言葉で伝えて理解してもらいたいと思っているのですが、感情が振り切って、親の声掛けも耳に入らない状況になることもあります。

体全体で止めて、目を見てはっきりと、人がたくさんいること、走ったら危ないことを伝えたり、

何か他に気をひきつけるものを提示したりしますが、

それでもダメなら、抱っこでその場を離れます。

もちろん本人は嫌がりますが、安全第一です。

我が子は、その後落ち着いた時間なら話はきけるので、あの時どうしたかった?なんで走りたくなっちゃったのかな?どうしたらよかったのかな?と振り返りをします。

落ち着いている時ならちゃんと理解できるのです。

でも、実際の場面になると忘れてしまう…

この失敗と、話し合いの繰り返しをすることで、いつか『今走ったら危ないよ!』『そうだった!』と気づけて止まれる日が来ると信じて、気長に本人に伝えています。

私は最近子供の身長が伸びすぎていないか悩んでいます。

私は最近、上の子の身長が伸びすぎていないかどうかという心配があります。たいていの子が、なかなか身長が伸びなくて困っているという人が多いと思うのですが、私の場合はちょっと違って、私は結構身長がある方で、主人もある方なので子供が背がとても高いのです。今の平均身長から見ても高い方ですし、子供が行っている園の中でも身長が高い方にあげられるんです。なので私は身長が伸びることは良いことだけど、それに体重がついて行ってくれないとどうすることもできなくなるよなと思って最近は体重を増やそうと頑張っているところです。なかなか思い通りにいかないことが多いですが、子供がたくさん食べてくれることを望んで健康に生きて行ってもらいたいなと思っているところです。身長が伸びすぎて悪いことってないかもしれませんが、やっぱり平均が一番いいかななんて思ってしまいます。その方が色々なことにストレスがかからないと思うからです。私なんか身長があるせいでいろいろなことがストレスになりますから。子どもにはストレスのない生活を送ってほしいなって思ってしまいます。身長が伸びすぎということはお医者さんに行ってもはねのけされるだけだと思うので何も対処せず毎日牛乳を飲んでいる子供です。良いのかわかりませんが様子を見て行きます。http://www.leilaniwolfgrammmusic.com/

好き嫌いが毎日違う子供に食べさせるためのオリジナルの方法3つ

子供の好き嫌いはよく聞く話ですが、好き嫌いが毎日違うと「これを出せばとりあえず大丈夫」っていうことがなく毎日のご飯の献立に苦労しますよね。セノッピーを購入した私の口コミ

現在イヤイヤ期の息子を持つ母ですが、私もそんな子供の好き嫌いに悩む一人でした。でもご飯はしっかり食べてほしいという思いがあり独自の方法でなんとか子供にご飯を食べさせる事ができるようになりました。

毎日好き嫌いが違う子供に対応する3つの方法

●食べたいものを自分で選ばせる

●食べる形を変えてみる

●とりあえず出してみる

食べたいものを自分で選ばせる

イヤイヤ期の子はある程度食べたいものが主張できるので、食べたいものを選んでもらいます。親としてはお野菜やお肉などしっかりご飯っぽいものを食べてほしいですがここは子供の食べたいものに合わせましょう。食べたいものが決まったらその食べ物から食べさせていくと結構他の物も一緒に食べてくれたりします。もしそれがお菓子だとしても少量にしてみてあげると食べ始めそのままご飯も食べてくれることがあります。またデザート用のフルーツから食べたいと主張があってもデザートは最後と決めつけずに食べさせましょう。うちの子供はフルーツから入る場合が結構ありますがご飯もしっかり食べるのでよしとしています。このように食べたいもので食べはじめのきっかけを作ってみましょう。

食べる形を変えてみる

お茶碗によそったご飯を食べないのならおにぎりにしてみるとか、ポテトサラダも丸めてみるとかすると食べてくれることもあります。うちの子の場合は特に米を食べないのでおにぎりにして渡すと食べてくれます。また大きなお肉やお野菜が苦手な子もいると思うので小さく切ってあげたりすれば食べやすくなっているという視覚で食べ始める子もいると思います。

とりあえず出してみる

出しても食べないとわかる料理は出さなくなっていきますよね。でもそうしてしまうとますます食べなくなるので少量でもとりあえず出してみる事で食べてくれるようになるかもしれません。うちは「きゅうり食べたくない」といわれても諦めずに出しています。出し続けていたらちょっと食べてくれるようになりました。もちろん食べない日の方が多いですが。

子供にはお野菜やお肉、お魚をたくさんたべて大きく成長してほしいというのは誰しもが願う事ですが、理想通りいかないのが子育てです。子育てしてみると大人の固定概念が子供には当てはならない事が実感できます。理想をあまり追い求めずに気楽に相手のペースに合わせていくことが結構大切だったりします。楽しく親子でご飯タイムできるようにお役に立てれば幸いです。

二人目の子育てでも毎日手探り

私には、3歳、0歳の娘が二人います。

二人目の育児は、多少要領が分かっていたり、自分の気持ちにも余裕がある、という点もありますが、

上の娘と下の娘では、同じ女子でも色々な点で全く違うので、初めての育児と同じように悩みが尽きない毎日で奮闘しています。

セノッピーの3ヶ月間の効果を暴露!効果なしの口コミ・評判は嘘?

例えば・・・

上の娘は37週で生まれ、体重も身長も小さめでした。

おっぱいを吸うのが下手で、1回の授乳に1時間掛かるなんてことは普通でした。

一方、下の娘は36週で生まれたにも関わらず3000gを超えていて、

ダイソンのごとくおっぱいに吸い付きゴクゴクと飲んでくれます。

しかし、離乳食が始まると状況は一転。

上の子のときは、好き嫌いも殆ど無くモリモリ食べて、もっとちょうだい、もっとちょうだい!と要求してきました。

食べることが大好きで、もうやめなさい!と止めるのが大変だったほど。

しかし、下の娘は離乳食をほとんど食べません。一般的な量の半分も食べないうちに、イヤイヤ!と不機嫌に…。

上の娘のときは、食べないことで苦労したことが無かったので、どう調理すればいいのか、ごはんをあげる時間帯が悪いのか、

スプーンを変えてみたり、食べさせる姿勢を調節してみたり、試行錯誤の毎日です。

また、お昼寝に関しても、上の娘は一度寝たら私が起こすまで起きなかったのですが、

下の子は15分くらいでいつもすぐ起きてしまい、そしてすぐまた眠いとグズグズしてしまうので、

ゆっくり寝られるにはどうしたら良いものか、と悩み中です。

一人目も、二人目も、女の子ではありますが、それぞれ全く違うので

子育てに慣れなんて無いんだなぁと痛感しています。

でも、全く違う姉妹だから、これからそれぞれがどんなふうに育ってくれるのかがとても楽しみでもあります。

トイレトレーニングに行き詰まったら

トイレトレーニングはとても個人差があります。

始める目安はおしっこを溜められるようになったらとか、伝えられるようになったらとか言いますがそのタイミングもわかりづらいです。周りをみて焦り、早く着手してもなかなか上手くいかず断念してしまうお母さんやお父さんも多いのではないでしょうか。セノッピーの効果と口コミ!購入して3か月息子に飲ませた結果…!

行き詰まりやすいトイレトレーニング、行き詰まってしまったらどうするかを提案していきます。

一つめは思いきってやめてみる。意識が向かないうちはストレスがお互いに溜まります。一旦離れるというのも手です。 

二つめは一時保育などに預けてみる。一時保育では特に預かり人数に余裕があるとトイレに積極的に連れていってくれたりします。周りの子が取り組んでいるし姿勢を見るのも刺激になります。 

三つめは諦めずに誘い続けること、我が家は少しお休みをしたあとに一時保育で刺激を受けた子どもを再び誘い出すという流れで「トイレに行きたい」と一ヶ月で言うようになりました。コツは刺激を受けたのを見逃さず、間髪いれずに誘いまくることでした。夜のおむつはなかなか外れませんがスイッチは入ったまま今まで来ているようです。

こんな方法もあるので行き詰まったお母さん、お父さんは試してみてください。