やっぱり運動が大事?しかし・・・

 これまで色々なダイエットは試してきましたが、思い返してみると全て食べ物に関するものでした。ダイエットには適度な運動も大事、というのは頭では分かっていましたが、運動が苦手な私はそこだけは避けて生きてきました・・・。でも、やっぱり動くことで色々燃焼したりするんだろうな、と思い、意を決してジョギングを始めることに。

やる!と決めるとなんだかわくわくしてきて、形から入るタイプの私は、ウェアを一式そろえるところから始まりました。ちょうど彼氏も付き合ってくれると言ってくれたので、二人なら、楽しくダイエットができる!と希望いっぱいだった私。

http://cinquiemeetageproduction.com/

・・・しかし、2人でジョギングをしたのはたったの2回(^^;

せめて自分だけは!とそのあとも1人だけで少し頑張りました(1回往復で4キロくらいです)が、そもそも走ることに慣れていない私は走り方も良くなかったのか、すぐに足の付け根を痛めてしまいました。しかも歩くのもままならないくらい。そこで懲りてしまいました。

そして、案の定静かにフェードアウトです(笑)

結果は全く変わらず、でした。見事なプラマイゼロ。

ダイエットってなかなかうまくいきませんね。

さぁ、次はどんなダイエットをしようかな・・・(;^ω^)

私は使ってよかったブラ付きタンクトップがあります。

私はバストの悩みで下垂をしてしまっているという悩みがありました。

そんな中、私は良い下着はないかなと思って色々と詮索していたのですが、一番いいものはコスパも良くって最強のものがユニクロだという事に気が付きました。

ユニクロはババアが着る服だなんて思わないでほしいんです。ナイトブラHugme(ハグミー)を辛口評価!

ユニクロのブラ付きタンクトップってものすごく下垂しているバストをあげてくれるんですよ。

私はもうこの年になってブラジャーを付けていません。

その理由は子供に授乳をするときにブラを付けているとものすごく大変だからです。

それ以降つけなくなってしまって最終的にブラジャーを付けることなく過ごしています。

なのでバストの悩みはブラ付きタンクトップで済ませています。

こんな下品な話は恥ずかしいのですがやっぱりバストの悩みって人それぞれだと思うので一概に言えません。

しかし私のような子胸のバストであっても、バストアップは期待できませんが毎日の生活の中でリラックスして着ることが出来る、そんなものがユニクロのブラ付きタンクトップなのです。

バストの悩みを抱えていてでもブラを漬けたくないというあなたにはおススメしたい商品になります。

特にエアリズムなんかはとても良いと思います。バストって触り心地とかも気にすると思うのですがユニクロは快適です。

現在進行形!オリーブオイルダイエット!

先日、テレビでダイエット実証実験を観ました。その中の一つ、「オリーブオイルダイエット」を試してみよう!と、思い立ち、早速実践中です!

本来は間食にオリーブオイルを大さじ1杯飲むと、満腹感があり間食しないですむらしいのですが、さすがに油をそのまま飲むのは・・・

食事に取り入れるのでもいいらしいので、初日は豆腐にかけてみました♪グラマラスパッツのむくみケア効果

もともとオリーブオイル自体は好きなので、毎日サラダにかけたり、シチューに投入してみたり、パンにつけてみたりと、毎日の食事にプラスしています。今のところ苦もなく実践しています。

ただ、家族の反応が・・・また油かけてるって、冷ややかな目で私を見ます。「よーし、こうなったらオリーブオイルで痩せてやる!」と意気込む私です。

が、開始して10日ほどになりますが、体重は減っていません。オイルのおかげで便通もよくなるらしいですが、特に変わりなし。残念なことに今のところは効果なし。

やっぱり運動や食事制限を少しは取り入れなきゃダメかしら。そんなに簡単には痩せられないですよね。

もうしばらく続けながら、ちょっとだけ動くことを心がけて、ちょっとだけ食事の量を減らしてみます。そりゃー、ちょっとは努力しなきゃ、オリーブオイルさんに申し訳ない。

確かに実証実験で痩せてなかったの、オリーブオイルダイエットだけだったなぁ~(笑)

私は最近子供の身長が伸びすぎていないか悩んでいます。

私は最近、上の子の身長が伸びすぎていないかどうかという心配があります。たいていの子が、なかなか身長が伸びなくて困っているという人が多いと思うのですが、私の場合はちょっと違って、私は結構身長がある方で、主人もある方なので子供が背がとても高いのです。今の平均身長から見ても高い方ですし、子供が行っている園の中でも身長が高い方にあげられるんです。なので私は身長が伸びることは良いことだけど、それに体重がついて行ってくれないとどうすることもできなくなるよなと思って最近は体重を増やそうと頑張っているところです。なかなか思い通りにいかないことが多いですが、子供がたくさん食べてくれることを望んで健康に生きて行ってもらいたいなと思っているところです。身長が伸びすぎて悪いことってないかもしれませんが、やっぱり平均が一番いいかななんて思ってしまいます。その方が色々なことにストレスがかからないと思うからです。私なんか身長があるせいでいろいろなことがストレスになりますから。子どもにはストレスのない生活を送ってほしいなって思ってしまいます。身長が伸びすぎということはお医者さんに行ってもはねのけされるだけだと思うので何も対処せず毎日牛乳を飲んでいる子供です。良いのかわかりませんが様子を見て行きます。http://www.leilaniwolfgrammmusic.com/

ダンスプログラムで楽しくダイエット。

食事や間食、お酒などを我慢するだけのダイエットなんて、どう考えても続かないと思いませんか?どうせなら、健康的に楽しく続けられて、気がついたら痩せて美BODYになっていた、というのが理想ですよね。

私の経験からすると、スポーツジムの有酸素運動のプログラム、それも、毎週決まった曜日・時間にZUMBAなどのダンスプログラムに参加するのがおススメです。

ラクビはドラッグストアや薬局などの市販で購入可能?

ダンスプログラムでは、音楽に合わせて、楽しく身体を動かすことができます。ランニングマシンなどを利用するより、時間の経過が速く感じられ、つまらないと思う暇がありません。

鏡に映る自分の姿を見ることが習慣になるので、自分の身体のフォルムを直視できます。もっとおしゃれなウェアの似合う身体になりたい、と思う気持ちは、ダイエットの原動力になります。

慣れるまでは大変ですが、2か月もすれば、プログラムにも、音楽にも、人にも慣れて、のびのび動けるようになります。もっと上手に踊れるようになりたい、と思うようになったら、運動習慣は身についたと思ってよいでしょう。ダイエット継続・成功への道筋が見えてきたことになります。

先程、毎週決まった曜日・時間のプログラムに参加するのが良いと書いたのには理由があります。毎回顔を合わせる人と交流をしていると、ある時ふと「痩せたんじゃない?「「今日のウェア、似合ってるよ」など、声をかけてもらえることがあります。そういった何気ない言葉が、励みになるのです。

また、気軽に話せる人ができたら、たとえば、他にどんな運動をしているか、とか、おすすめの間食やプロテイン、食事のタイミング、身体のメンテナンス方法など、ダイエットを進める上で参考になる情報を得ることができるようにもなります。

こうした意味で、ネットや雑誌、テレビなどの情報を元に、自己流でダイエットを進めるよりも、ジムでの有酸素運動を基軸に、運動習慣を身につけることから始めたほうが、楽しく、健康的にダイエットを続けていけると思います。

好き嫌いが毎日違う子供に食べさせるためのオリジナルの方法3つ

子供の好き嫌いはよく聞く話ですが、好き嫌いが毎日違うと「これを出せばとりあえず大丈夫」っていうことがなく毎日のご飯の献立に苦労しますよね。セノッピーを購入した私の口コミ

現在イヤイヤ期の息子を持つ母ですが、私もそんな子供の好き嫌いに悩む一人でした。でもご飯はしっかり食べてほしいという思いがあり独自の方法でなんとか子供にご飯を食べさせる事ができるようになりました。

毎日好き嫌いが違う子供に対応する3つの方法

●食べたいものを自分で選ばせる

●食べる形を変えてみる

●とりあえず出してみる

食べたいものを自分で選ばせる

イヤイヤ期の子はある程度食べたいものが主張できるので、食べたいものを選んでもらいます。親としてはお野菜やお肉などしっかりご飯っぽいものを食べてほしいですがここは子供の食べたいものに合わせましょう。食べたいものが決まったらその食べ物から食べさせていくと結構他の物も一緒に食べてくれたりします。もしそれがお菓子だとしても少量にしてみてあげると食べ始めそのままご飯も食べてくれることがあります。またデザート用のフルーツから食べたいと主張があってもデザートは最後と決めつけずに食べさせましょう。うちの子供はフルーツから入る場合が結構ありますがご飯もしっかり食べるのでよしとしています。このように食べたいもので食べはじめのきっかけを作ってみましょう。

食べる形を変えてみる

お茶碗によそったご飯を食べないのならおにぎりにしてみるとか、ポテトサラダも丸めてみるとかすると食べてくれることもあります。うちの子の場合は特に米を食べないのでおにぎりにして渡すと食べてくれます。また大きなお肉やお野菜が苦手な子もいると思うので小さく切ってあげたりすれば食べやすくなっているという視覚で食べ始める子もいると思います。

とりあえず出してみる

出しても食べないとわかる料理は出さなくなっていきますよね。でもそうしてしまうとますます食べなくなるので少量でもとりあえず出してみる事で食べてくれるようになるかもしれません。うちは「きゅうり食べたくない」といわれても諦めずに出しています。出し続けていたらちょっと食べてくれるようになりました。もちろん食べない日の方が多いですが。

子供にはお野菜やお肉、お魚をたくさんたべて大きく成長してほしいというのは誰しもが願う事ですが、理想通りいかないのが子育てです。子育てしてみると大人の固定概念が子供には当てはならない事が実感できます。理想をあまり追い求めずに気楽に相手のペースに合わせていくことが結構大切だったりします。楽しく親子でご飯タイムできるようにお役に立てれば幸いです。