ボリュームたっぷりのモーニング

今朝突然、母に「モーニングに行こう」と起こされた。3時まで起きてたのにと思いながら起きた。

いつも行ってるカフェに行こうという母だったが、私が以前ネットで見つけたボリュームがすごいと評判の喫茶店に行ってみることにした。

実はこのお店、車で店の前を何度も通ったことがあるお店。

見た目は狭そうなのに、入ってみると窓に面していて広々としていた。

そして驚かされたことがもう一つ。

地元ではかなりの有名店らしく、地元のテレビやラジオの取材を何度も受けたという写真が飾られていた。

テレビでたまに有名人のサインを飾っているお店を見たことがあったが、直接見るのは初めてだった。

こんな近所にそんな有名なお店があるとは思ってもなかった。

ご夫婦で経営しているのか、とても忙しくしていて愛想はあまりないかなと感じた。

だけどメニューの種類が多く、何度来ても飽きないだろうなと感じた。

そして私はミニカツ丼を、母はホットサンドを注文した。

料理が来るまでに少し時間がかかったが、想像以上のボリュームに驚かされた。

「ミニ」と書いてあるのに全然ミニじゃない。

どんぶり一杯分あるし、サラダも味噌汁もコーヒーもついている。

これで650円は安すぎる。

味も最高だし、人気の理由がよく分かった。

モーニングだけで2食分食べたような気分になれた。

今度はネットで見たエビフライカレーを食べてみたい。

【無理せず継続】が一番!

大学生になって周りを見たとき、自分が太く見えるのが悩みでした。

体型は普通の部類とはいえ、周りにスタイルの良い子が多かったんです。

ギュギュギュは効果なしで痩せない?購入して履いた口コミ&評価!

それで、どうにか少しでも痩せられたらなと思い自分なりに色々と調べてみました。

調べた結果、出てきたのは「プランク」でした。腕立て伏せの体勢でひじを曲げる格好で2分弱保ち続けます。やってみるとわかりますが、初めてだと30秒でもきついです。めちゃくちゃお腹と足にきます笑

初めは30秒から、1週間後からは1分に、その次の週からは1分半に、と少しずつ時間を伸ばしていきました。

二ヶ月ほどやった頃でしょうか、休暇で実家に戻ったときに、「あれ、〇〇痩せた?」と父に言われたんです。

父親って、母親等女性に比べて体型やメイク、髪型について疎い人が多いと思うんです。父も例外ではありませんでした。その父に言われたのが本当に嬉しかったです。

大学入学当初の写真と比べても、頬のあたりがすっきりしたと感じますし、パンツも前よりゆるくなったように感じました。

そして、悩んでいた頃は履けなかったスキニーも履けるようになりました!

最近ではそれに加えて足パカを100回行なっています。足パカとは、寝そべった状態で足を天井に向かってまっすぐにあげ、そこから横に開脚を繰り返すもので、特に太ももの内側の筋肉に効きます。初日に100回やったのはいいのですが、次の日に筋肉痛になってきつかったです笑

これも、回数は徐々に増やしていくのがオススメです。

そもそも、足を上に上げるのが良いらしいので、ボケーっとしながらスマホをいじる時などは、積極的に足を上に上げるようにしています。これによって、足だけでなく、下っ腹のポッコリが以前と比べて解消されました。

私は食べることが好きで食事制限をやりたくなかったので(とはいえ栄養バランスは少しは考えています笑)、筋トレで解決するという方法をとって、見事成功しました。これにさらに食事のカロリーなどに気をつけることで、さらなる美ボディに近づけると思います。また、これらの筋トレは毎日でなくても、一日置きでも効果は出ます。

【無理せず継続】が大切です!

おっさんになると感性が鈍くなり、我慢するようになる。

子供の頃のように無邪気に感動したいと思っているおっさんはどれくらいいるだろうか。大人になると、世の中の仕組みについて詳しくなるので、中々素直に感動することができなくなっていると思う。とくにおっさんは、世間に弱みを見せたくないため、泣きたいところでも泣くことを我慢したりすることも、一つや二つではないはずだ。常に気を張っていないと生きていけないのである。

だから、感情移入を促す感動ドラマとかはちょっと苦手だ。涙が自然に出てくるのは仕方がないが、声を出して泣くというのはよっぽどの時でないとできない。大切な人が亡くなったり、本当の絶望しているときでないと、クヨクヨできないのである。

また、個人的に思うことだが、感動以外にも、感性が鈍っているのではないか。あるいは自発的に鈍くしようと思っているのではないかと思う時がある。おっさんは、そういう機能が働いていると思ったほうがいい。繊細で多感なおっさんになってしまうと逆に困ってしまうことを良く知っているのである。

おっさんは様々なところで自分に対する投資を我慢しているところもある。特に家庭を築いているおっさんは、家族優先ということになり、自分でおしゃれになることを妥協し、ダサくて安い服や靴で休日を過ごすこともある。そこを指摘されると突然怒り出したりするのも、訳ありだからだが、中々おっさんの理解者がいないのは辛いことである。

会社のため、家族のためと献身的になっているおっさんは、必然的に感性をコントロールし、時には妥協できるようでないとやっていけないのである。

自分から動けば運命は変わる?

23歳の時にバツイチの男性とお付き合いしたのが初めてで嬉しかった私。でも、結婚したくて仕方ない私は焦って自爆しまくりでついに別れてしまいました。理由は仕事が忙しくて余裕がないとのこと。その1年後、連絡を取り合い頻繁に会うようになり、ヨリが戻るかもと思った矢先に知り合いから元彼がつい最近結婚したという情報を聞きました。

聞いた瞬間、さーっと血の気が引き目の前が真っ暗になりました。それから元彼と会わないように決意。すごくつらくて3年は引きずりました。恋愛したかったけど動けず、友達に誘われ合コンしても変な男性にしか好かれない、そんなことの繰り返しでいよいよ27歳に突入。料理教室に出会い目的で行っても大丈夫?婚活中の男女に人気って本当?

さすがにアラサーになり結婚を意識した私は、いよいよ自分の力で運命の相手を探し始めました。いっぱい合コンに参加し頑張りましたが、なかなかいい出会いに恵まれず(大体、身体目当ての男ばっか)次の街コンで出会いがなければキャリアを目指そうと諦めていた私ですが、ついに、ついに運命の出会いが!何の因果化因縁か元彼と同い年。

でも性格は真逆でビックリしました。優柔不断だけど優しくていつも私のことを気にかけてくれる彼に次第に惹かれていきました。交際開始から1年半後入籍し、さらに1年後に挙式。今思うのはやっぱり自分から動かないと始まらないんだなってことです。

諦めずに自分磨き続けて、出会いを信じていれば必ず運命の相手に出会えます。だから、みなさんも諦めないで頑張ってください!

人と話すということは大切な行為

夫と結婚して見知らぬ地へ引っ越してきました。夫と生きて行くと決めたので別に悔いはありません。不安がないと言えば嘘になります。助けてくれる手が身近にはありませんから。

でも夫を支えて行くという気持ちに嘘はないので知り合いも誰もいない喋り方も違う地についてきたのです。

なのでもちろん友人もいません。ご近所づきあいもない地域のようで隣人の顔もあまり知りません。

なので必然的に夫以外に喋る相手がいないのです。

今まで実家で暮らしてきて馬鹿みたいにおしゃべりの好きな私は家族と毎日ベラベラしゃべっていました。

休日には友人と出かけそこでもたくさんおしゃべりしていました。

そんな私が今はどうでしょう。夫が家に帰ってくるまで誰とも会話をせずただ家事とペットの世話をしているのです。

何週間か過ぎたあたりでした。なんだか心がどんどん空っぽになっていくようでした。愛する人は近くにいるのに心の栄養がなくなっていくような感覚だったのです。

そして気づきました。いくら愛する夫と側にいたとしても私にはそれだけではだめなのだと。

人と話すことはそれだけで心の養分になるのだと。

それから私は母や友人に電話をかけました。みな暇なわけではないのですが時間があるときは電話をしようと言ってくれました。

人と話すということはとても大切で必要なことです。喋るという行為は体にパワーをくれるのだと感じました。これからもちょくちょく誰かに電話をして話そうと思います。できればこの見知らぬ地で新しい関係を築けたりなんかもできたらいいなと思いますね。

庭のノウゼンカズラ等の枝切りを、寒くならないこれからの時期に行いたいのです。

お庭があるお家は、とても忙しい思いをする事がありますよね。

私は今日お天気が良いので、庭の枝切をしました。

両親が暮らしていたお家ですが、庭には枝は生い茂っています。

父はサツキを多くつくったりしていましたが、老後にはそのサツキの水やりも出来なくなっていました。

それは数多くのさつきであるからですが、その他には母の介護を父はやっていました。

現在はもう両親はいない家となりますが、責めて父が植えた樹木の枝切はしてあげない等といけないという思いです。

元気な父が多くの植木鉢への水やりも出来なくなった頃に、私は父を助ける事をしてあげたらよかったと強く反省します。

夏場には樫の木に、ノウゼンカズラが絡まった状態でした。

南側の庭を見上げると、ノウゼンカズラが生い茂り少し森みたいにも見えていました。

夏はどこからどの様に枝を取り除けばいいのかと言う思いでしたが、落葉樹の為に冬場には葉も落ちてしまいます。

これからの時期に、とにかく枝を切って次の夏場には生い茂った状態とならないようにしたいと思うのです。

上の方の枝を切るにも、下側の辺りからの木を切る事で、わりと簡単に作業ができます。

以前太くなっている樫の木を、地面の下1メートル弱の位置で切り、ずらす様にと面をしております。

寒くならない間に、このノウゼンカズラの枝切りの作業をしないといけないと思っています。

身体に不自由さはあるために、無理なく少しずつ行いたいのです。

火曜日の私の1日の過ごし方。彼氏の家にて。

昨日から彼氏の家にお泊りをしていたので、朝から彼のお弁当作りから1日がスタート。冷凍食品をたくさんチンして、卵焼きとタコさんウインナーを焼いて、おかかのおにぎりを作った。

で、朝ごはんのお味噌汁も作った。朝ごはんとお弁当の白米は彼が炊く係だから、少しは楽♪

彼を見送って、私の休日がスタート!まずは、朝食の洗い物。手が荒れるからすぐにハンドクリームを塗ります☆次は、洗濯物を干して掃除。猫を飼っているから、掃除機をかけるたびに逃げ回る(笑)でも、そこが可愛かったりする。

パソコンで動画を見たりしてたらお昼ご飯の時間。彼の仕事が遅くに終わるから、遅めの昼食。夜ご飯は2人で食べたいから♪

昼食食べて、洗い物の後はもちろんハンドクリーム(笑)

で、またパソコンを見てたらいつの間にか寝落ちしてた。外を見たら真っ暗!急いで夕飯のお買い物。夕方過ぎに行くから、割引の食材をGETして少しテンションがあがる☆だって、節約は大事だから。

帰宅してお風呂に入って、夕飯作りながら彼の帰宅を待つ。帰宅したら、一緒にご飯を食べて、洗い物してハンドクリーム塗って、一息ついたら私の好きな吉本新喜劇を観る。すごく面白いから大好き♪観たら、眠たくなってきたから寝る。これがとある私の火曜日の1日でした!

永遠の課題、男女の友情は成立するのか。

「男女の友情は成立するのか。」

私の母親は言います、「男女の友情など絶対にあり得ない。」と。

何が彼女にそこまで言わせるのか・・興味はありますが、母親のそういう話を聞くのは気まずいので触れないでおきます。

さて、皆さんはどう考えますか。

男女の友情は成立すると思いますか。

自衛隊と結婚したい!自衛官との出会いを探せる婚活サービスとは?

ここからは私の個人的な考えを述べていきます。

まず、「男女の友情など成立しない」という考えを持っている人について、なぜそう考えるのか。

これはやはり、実体験から・・というのが1番の理由ではないでしょうか。

過去に男友達・女友達と何らかの出来事があったのでしょう。

例えば、

・気が合うからという理由で好きでもないのに何となく付き合った。

・気心しれた友人だから、つい飲みすぎてしまって身体の関係を持ってしまった。

・自分は友人だと思っていたのに、実は相手は自分に好意があった。

など。

男友達・女友達ができる度にこのような経験を繰り返していると、確かに「男女の友情など成立しない」と考えてしまいそうですね。

では、「男女の友情は成立する」という考えを持っている人についてはどうでしょうか。なぜそう考えるのか。

これについて、「今実際に自分に男友達・女友達がいるから」という理由の人が多いのではないでしょうか。

もしくは、「自分ではないが友人がそうであるから」という理由の人もいそうですね。

私はどちらかというと「男女の友情は成立しない」という考えを持っています。

理由はもちろん実体験からです(笑)

私は親しくなればなるほど、一緒にいるのが楽しいほど、相手に好意を持ってしまうので・・

しかし例外もあります。

それは、お互いにそれぞれ大好きな相手がいるという状況の場合です。

相手に好きな人がいて、自分にも好きな人がいる。

その状況を踏まえた上での友情関係であれば、成立しているのではと考えます。

最後に、今「男女の友情関係は成立する」という考えの持ち主の皆さん、

意外と早く、「男女の友情は成立しない」という考えに変わってしまうかもしれませんね。

何度も同じ恋愛パターンを繰り返してしまうときは

何度か恋愛を重ねていくうちに、つき合う相手が変わっても、なぜかいつも同じパターンになってしまって上手くいかないという人は多いと思います。そういう経験にうんざりしたり、トラウマになってしまうこともしばしば。

では、どうしたら過去の失敗したパターンを繰り返さずにすむのでしょうか。それには自分の恋愛に対する考え方や姿勢を見直して、新しいステージにステップアップしていくことが必要です。

岩手県の結婚できない自衛隊へ!本気の出会いを探すなら!

人間の意識には自分で把握できる部分の顕在意識と、無意識の領域である潜在意識があります。実は潜在意識の方が意識全体の大部分を占めていて、人間の行動に大きな影響を与えているのですが、私達はその働きを知覚することができません。そして同じパターンの出来事の繰り返しを卒業して成長するには、この潜在意識を知ることがキーポイントとなります。では、自分の無意識の領域である潜在意識はどのようにして知ることができるでしょうか。

その方法の一つとして、心理テストやタロット占いを参考にすると役に立ちます。どちらも自分の無意識を映し出すものですので、そこで出た結果はどうすれば良い方向に成長できるか考えるヒントになります。ここで大切なのは、やみくもに頼って依存的にならないことです。

あくまでも自分の潜在意識を知るツールとして使い、自分自身と向き合うことが肝心です。テストや占いの中に答えを探すというよりは、自分の心の深い部分が求めるものを知ることができます。そうすると本来の自分が求める幸せがわかるようになり、不毛な恋愛パターンからも抜け出すことができます。

人の幸せを祝える人になりたいと思った出来事

人に自分のことを話すってとっても大切なことですよね。

仲がいい友人や家族、彼氏だと「言わなくても分かるだろう」なんて考えて、

自分のことを言うことが疎かになってしまいます。

http://www.magcloud.com/user/dupurdevor12

そういうことが続いていくと自分を表現することが苦手になってきます。

私はどちらかと言えばお調子者です。

自分の話になるとついおちゃらけてしまいます。

私に彼氏ができたとき、友人に報告したことがあります。

けれどその友だちは私に彼氏ができたことを喜んでくれませんでした。

「どうせすぐ別れるんでしょ?」なんて言われてしまいとてもショックでした。

そしてそのとき、他人の幸せな話は聞きたくないのかもしれないなと思いました。

そこから私は人に自分のことを言うことができなくなったのかもしれません。

最近結婚することになり、さすがに報告しなきゃなと思っていたのですが、

なかなか友人に報告できずいました。

けれど親友にその旨を伝えたとき、思いがけない言葉をかけられたのです。

「もうなんでそんなおめでたいこと隠してたの」

「報告してくれて嬉しいし、私も幸せだよ」

そんな言葉をくれました。

私としては「え!?そうなの!?」なんて驚き発言でした。

私は大事な人の幸せは自分も嬉しいなんて当たり前のこと忘れていたのかもしれません。

だって私も大事な人が幸せだと嬉しいし、黙っていられると悲しいです。

それはみんな同じだったんだなと感じました。