夢を見たりテレビを見たりしました

夢を見ました。嫌いな人と雑貨屋みたいなところに行っていました。シールを買っている夢を見ました。嫌いな人が夢であなたに近づいてきたら、それは、相手があなたのことをそれほど嫌ってはいないということを表すそうです。自分を好いてくれていない人には自然と苦手意識が生まれるそうですが、相手は案外そうでもなかったということもあるみたいです。現実とは反し、嫌いな人と仲良くなる夢は嫌いだけど相手のこと認めているということを表しているそうです。それは、その人と仲良くしたいと思っている心の表れなのかもしれないみたいです。

雑貨屋の夢の意味は、近々あなたの望みが叶ったり幸運に恵まれることを暗示するそうです。シールの夢は、何かに強く集中することを意味するそうです。何かに集中することが、金運の向上に結びつくそうです。シールを手にしている夢は、打ち込むべきテーマや運気を育てる大きなチャンスが、目の前にあることを示すそうです。

そして、24時間テレビを見ていました。マラソンも完走して良かったです。そのあとにあるバラエティー番組を見ました。スペシャルゲストが出ていました。そして、勉強をしました。動物のからだには、リンパ球が侵入してきた異物を抗原抗体反応を介さず、直接攻撃する細胞性免疫と呼ばれるしくみも備わっています。

免疫作用に重要な役割を果たしている白血球には果粒白血球、マクロファージ、リンパ球といういくつかの種類の細胞が含まれます。この中で、果粒白血球やマクロファージは直接抗原を取り込み分解します。これに対して体液性の主役としてはたらくのは、この中のリンパ球です。リンパ球の中にはT細胞やB細胞と呼ばれる細胞が含まれます。T細胞が抗原の情報を認識すると、その情報を抗体をつくり出す抗体産生細胞であるB細胞に伝え、この情報をもとに抗体を産生し抗原を排除することができます(体液性免疫)。知らないことを知れて良かったなと思いました。