夏の「日焼け」はアフターケアできていますか?

夏になると、海水浴やプールなどの屋外レジャーが待っています。

しかし、夏につきものなのが「日焼け」なのですが、私は日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさしたりぐらいしか対策をしていません。

「日焼け」とは、紫外線を浴びて、皮膚が炎症を起こした状態で、広く言えば火傷です。

だから、日焼けの後に入浴やシャワーを浴びるとヒリヒリしたり、皮膚が剥がれたりするのです。

ステラアリエスは効果なし?噂のプラセンタ原液を使った口コミ暴露!

それに、日差しが強くなると、紫外線から皮膚守るため「メラニン」を作り、その色素で紫外線を吸収しようとします。

しかし、その働きで色素沈着をおこし、シワやシミの原因になるので女性には大敵です。

仮に、UVカットの化粧品を塗り、日傘を指して長袖の服を着て外出しても、日焼けをしてしまったら、出来るだけ迅速にその状態に合わせたアフターケアーが大切です。

熱い、痛いなどの症状があれば、すぐに冷水で冷して専用の薬を塗り、もし「水ぶくれ」になっていたり、雑菌がはいって炎症を起こしていたり、傷跡が残っていたら潰さずに受診してください。

「年々、日差しが強くなってきて、紫外線が増えています」と言われて久しいですが、ケア次第でその後の皮膚の状態が良くなるのでしっかり対策したいものです。