人の幸せを祝える人になりたいと思った出来事

人に自分のことを話すってとっても大切なことですよね。

仲がいい友人や家族、彼氏だと「言わなくても分かるだろう」なんて考えて、

自分のことを言うことが疎かになってしまいます。

http://www.magcloud.com/user/dupurdevor12

そういうことが続いていくと自分を表現することが苦手になってきます。

私はどちらかと言えばお調子者です。

自分の話になるとついおちゃらけてしまいます。

私に彼氏ができたとき、友人に報告したことがあります。

けれどその友だちは私に彼氏ができたことを喜んでくれませんでした。

「どうせすぐ別れるんでしょ?」なんて言われてしまいとてもショックでした。

そしてそのとき、他人の幸せな話は聞きたくないのかもしれないなと思いました。

そこから私は人に自分のことを言うことができなくなったのかもしれません。

最近結婚することになり、さすがに報告しなきゃなと思っていたのですが、

なかなか友人に報告できずいました。

けれど親友にその旨を伝えたとき、思いがけない言葉をかけられたのです。

「もうなんでそんなおめでたいこと隠してたの」

「報告してくれて嬉しいし、私も幸せだよ」

そんな言葉をくれました。

私としては「え!?そうなの!?」なんて驚き発言でした。

私は大事な人の幸せは自分も嬉しいなんて当たり前のこと忘れていたのかもしれません。

だって私も大事な人が幸せだと嬉しいし、黙っていられると悲しいです。

それはみんな同じだったんだなと感じました。