ちっぽけな自分の人生が大きく変わったきっかけ

昔付き合っていた彼との人生が今の私を変えてくれました。

私と彼は、大学で知り合いました。

共通の趣味があり、いつの間にか学校以外の時間も一緒に居る事が多くなりました。

これをきっかけに私たちは、お付き合いすることになったのです。

彼は、会計士を目指していて、理想の結婚像がありました。

私も、いつか一緒にそんな家庭をこの人と過ごせたらどれだけ幸せだろうかと思っていました。

しかし2年経ったある日、私は別のスポーツのプロになりたいと思い、そちらに時間を注ぐようになりました。

本格的に練習をするため、私は職業も関連職に就き、忙しい日々を送っていて家には寝るだけの為に帰っていました。

そして、いつのまにか彼との時間が減っていっていました。

そんな生活を半年迎えたある日、久しぶりに彼が「散歩しないか?」と言ってきました。

最初の頃は、夕飯食べた後の散歩が日課で、いつも他愛もない話をしていたのを思い出し、私は凄く久しぶりで嬉しく思いました。

缶コーヒーを飲みながら「最近どうかい?」と聞かれた私は「最近は、少しずつ上達してきているよ。だけどまだまだ先は長いね」

と答えました。

すると彼は「とても楽しそうに語るお前を見ていると、俺も嬉しいよ。俺たちは、別々の目標がある。これからもお互い目標に向かって頑張っていこう」

と言ったので、「そうだね、ありがとう」と私は言いました。

そして「別れよう」と彼の言葉。

突然と言われて、最初は頭が真っ白になりました。

「今までありがとう。お互い道を歩んでいく中で足を引っ張り合ったりしないためにも別れよう。そして絶対お互いにてっぺん目指そう。

お前は持病があるんだから、その道をいくという事は命を懸けて事だ。死ぬ気で頑張るんだぞ。」

と彼は続けて話しました。

私は、断ったのですが、もう決めた事だからと半ば強引に別れる事になりました。

そして私は、大切な彼に「頑張ったな」と言われたいからか、見返してやりたいと思ったからか、本当に好きなスポーツだからか、自分でもよく分からなかったからこそ、とにかくがむしゃらにプロを目指して頑張ってきました。

あれから3年…

私は、プロになりました。

彼とはずっと連絡をしていませんでしたが、電話をしました。

ぎこちない会話が続いた後に、「私、アマチュアで優勝したよ。あとプロになったんだ」

と伝えました。

彼は、とても喜んでくれて「夢が叶うなんてすごいよ。本当におめでとう。」

と言ってくれました。

私も「会計士になれた?」と聞きました。

すると、彼も会計事務所で働いているとのことでした。ボルダリングジムに出会いはある?合コンよりも恋愛に繋がるって本当?

色々話した後、電話を切ったのですが、電話直後に私はぷつんと何か切れた感じがしました。

それから私はすぐにプロを辞めました。

そして気づいたんです。

何のためにしていたのか。

彼から「頑張ったな」と言われたかったからだったのです。

中途半端に遊んでいたわけではなく本気で取り組んでいたという事が伝わったと思うと、このスポーツから解放されたのです。

別れた時に私は、もし夢が叶わなければ一生自分自身のせいにしてしまうと思いました。

だから自分が自分の事を責めることなく、ほめてやれるくらいまではしたかったんだと思ったのです。

この死ぬ気で頑張った期間は、なんのとりえもなかった私には大きな経験になりました。

何かに対して一番をとったことないし、センスが悪すぎて笑われる事が多かったし、自分の長所が分からなかったり、勉強も赤点取っていたし、一体私には何かとりえはあるのかと思っていたからです。

人間、やれば出来る事って1つくらいはあるんだなと思いました。

今は、自分をたまには褒めてやれるような人生を送りながら前向きに楽しく暮らしています。